ひかりみつる里

ひかりに満ちた人知れぬ里山で、と~っても美味しいみかん作りを行い、写真を趣味にして風景や花を中心にお届けします。

小満が過ぎ

久しぶりの雨になりました。ここ数日は、初夏を思わせる気温の上昇に身体がついていけません。21日は「小満」でした。自宅の石垣にサボテンの真っ赤な花が咲いています。   5月21日頃(2017年は5月21日)。および芒種までの期間。立夏から数えて15日目頃。陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、...

Read More

啓蟄

3月5日は「啓蟄」でした。「啓蟄」は「冬ごもりの虫が這出る」ことと言う事だそうです。しかし時間まで、決まっているとは知りませんでした。今年は、3月5日9:33だそうです。ちなみに、来年は3月5日15:28のようです。昨日は、モンシロチョウを2頭見つけました。虫は撮影できませんでしたので、新芽を撮影。バラの新芽 昨年、お世話になった家横のフジバカマ今日、知り合いの方が株分けしてほしいと来られました。 早い...

Read More

冬至

ミカンの収穫を無事終えることができました。何より事故なく終えたのが、一番です。収穫を手伝っていただいた皆さんありがとうございました。まだ選別・出荷が残っていますので、終わりとはなりません。でも、冬至というのにこの暖かさは何のでしょう?今までにない暖かさですね。「冬至」と言えば太陽が一番南にあるという事で2日前19日の朝陽。 また、「冬至」と言えば「ゆず湯」ですよね。何故、「冬至」と「ゆず」が繋が...

Read More

重陽の節句

東北・北海道は大変な事になっていますが、これ以上被害が出ないことをお祈り申し上げます。日本の夏は今年真っ二つに分かれました。雨の東日本、干魃の西日本。日本は広いですし、自然の怖さに改めて考えさせられました。日本は、中国から伝わったとされる様々な行事があり、一番忘れられていると私は思っている「重陽の節句」。9月9日ではないでしょうか?別名「菊の節句」  まだまだ秋の菊には早いですが、探してみました。&n...

Read More

立秋

7日は毎年、自然の恵みを受ける「天然水」の水源の管理と清掃。朝7時に7軒が集まり、男性は水源へ、女性は近くの分配タンクの清掃へ。更に男性は、2手に別れて2カ所の水源へ。私は、若い方なので、遠くの水源へ。今日は「立秋」立秋の夜明けは昨日雨を運んできた北東。飛行機雲と鱗雲が色を添えての朝陽。 山では、秋の準備が進んでいます。あけび ヤマブドウ  食べれるようですが、一度挑戦したのですが酸っぱくて...

Read More