ひかりみつる里

ひかりに満ちた人知れぬ里山で、と~っても美味しいみかん作りを行い、写真を趣味にして風景や花を中心にお届けします。

定期防除

長い間更新できなくて申し訳ありませんでした。摘果作業と定期防除が重なり、撮影時間が取れませんでした。それともう一つ、今まで常用していたレンズを変更しました。さて、写真はどうでしょう。防除中に見つけたまだ摘果の終わっていない「宮川早生みかん」です。まるで、ブドウみたいでしょう。 みかんも日焼けを起こします。昔は「炭疽病」だと思われていましたが、みかんが大きくなるにつれて、そして、雨の翌日の晴れの...

Read More

今は摘果の時期

皆さん、台風5号の被害はありませんでしたか?まあ、これだけよくも迷走したものだと感心しつつも全国に多大な被害をもたらしました。被害にあわれた方には申し訳ないのですが、みかんを作っている私にとってはとても恵みの雨となりました。高温と7月後半から少雨で、灌漑対策本部が出来たほどの危機一髪状態でした。今、みかんの作業はそのほとんどが「摘果」作業です。作業中にここ数年、秋に花が咲き、冬に果実が大きくなって今...

Read More

みかんの花

「みかんを作りながら・・・」と書きながら、みかんの記事が少ないですね。少し時期がずれましたが、みかんの花を。見慣れた「みかんの花」です。普通は、昨年出た芽に花が咲きます。みかんの木は芽が出るところと、花が咲くところが一緒です。みかんの花はどんな匂いがするのでしょうか?「匂い」と書いたのが、本当で、花を鼻に近づけるとかなり強烈な「臭い」がします。果実の匂いとは程遠い「香」ではなく「匂い」です。離して...

Read More

紀ノ國みかんと鳥

2月23日の河津桜状況。随分と咲いてきた感がする。ここ一週間は天候もまずまずなので、お花見日和になると良いのですが。 昨年12月9日愛媛新聞に「温州ミカン「親」判明」の記事が掲載されていた。*中国から伝わったとされる「紀州みかん」は香りや食味は優れているが、果実が小さい。インドネシア原産の「クネンボ」は沖縄から九州に伝わったとされ、果実が大きく味が濃厚な半面、特有な臭いがある。*と記事になっている。...

Read More

デコポン(不知火)の収穫

また寒くなってきました。昨日から、デコポンの収穫を始めました。お客さんが来て食べています。硬い厚い果皮を一生懸命開けたのでしょう。時間はそうは経っていないのでしょうか、穴が小さくて新しい。 近くで、ヒヨドリの鳴き声が聞こえ、周りにはメジロが飛び交っています。まるで、鳥たちは私を脅しているように感じます。それ以上に、たくさん食べて帰っていった動物もいたようです。さて何でしょう?正体は「イノシシ」...

Read More