ひかりみつる里

ひかりに満ちた人知れぬ里山で、と~っても美味しいみかん作りを行い、写真を趣味にして風景や花を中心にお届けします。

今年の最後の彼岸花

極早生ミカンの収穫が始まりました。しかし、暑い。汗だくになりながら、収穫をしていますが、2部着色以上の果実の収穫。2部着色? 青い(緑色)と取れない。今年の彼岸花は本当に天候に左右されて咲いた花です。少し、違った彼岸花をお見せしましょう。まずは、現在の市道沿いの彼岸花。白くなっている彼岸花は枯れていっていますが、まだ咲きかけている彼岸花も同じ場所で見られます。 三叉路の右と左で彼岸花。 草刈...

Read More

早咲きの彼岸花

例年より早く咲く場所に、今年も27日頃から彼岸花が咲き始めた。雨上がりの今朝、早速撮影に。  2輪咲いていた。花が高い前の2枚の彼岸花と低い彼岸花。 ...

Read More

夏から秋に

天気が回復するのかと期待しましたが、3時前から突然の雨。また雨か・・・とついつい嘆きの声が出てしまいます。夏の始まりの「ほおずき」が、秋を告げています。「ほおずき」は漢字では「酸漿」のほか「鬼灯」とも書くようです。でも、私は英語の 「Chinese lantern plant」 のほうが趣きがあるように思います。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もありますが、今年は「秋彼岸」をやや早く感じる気候になりました。今年の彼岸花...

Read More

彼岸花情報3

早くも雨音が聞こえ始めました。明日は朝から雨でしょうか?彼岸花が5部咲き程度になりました。どうにかこの雨に耐えて欲しいものです。この雨の後は、満開になるのでは・・・。通学路の彼岸花 かなりの下り坂で子どもたちの足についていけません。 道沿いの彼岸花の様子  標高150m当たりの日当たりの良い所。このお地蔵さんはいつ頃からあったのでしょうか?私の小学生の頃もありましたが、年代は不明です。お遍路道でした...

Read More

彼岸花情報2

今回の台風17号と18号は関東と東北に甚大な被害を引き起こしています。鬼怒川の氾濫の映像は、あの東日本大震災の津波を連想させられ、私は映像を見るのが辛くなりました。彼岸花が順調に生育しています。梅林口から400m程は植え付けも少なく、まばらな状態です。それを過ぎて標高100m当たりまでは、ほぼ芽が出て一部が咲いている状態です。来週中頃からが見頃でしょうか?雨に耐えてくれればよいのですが・・・・・・。...

Read More