ひかりみつる里

ひかりに満ちた人知れぬ里山で、と~っても美味しいみかん作りを行い、写真を趣味にして風景や花を中心にお届けします。

桜開花情報2

一時期寒かったのですが、昨日から暖かく。今日は、家の中より外の方が暖かく感じました。地区の桜開花状態。私の標準木の開花状態。 この桜は昭和32に車道が整備された後に植樹。樹齢は55年以上かも?平成17年のこの桜園を整備したときに植樹。樹齢10年。桜園より谷間を走る県道57号。平行して予土線がこの谷間を走る。予土線の前は宇和島鉄道が同じところを走っていた。桜の後方には、4月3日に架橋が開通する九島の...

Read More

カンボジア 最終 食事と花

26日の朝も寒かったですね。桜はやはり少し足を止めている感じです。カンボジアの最終。食事。初日、ビクトリア・アンコールホテル(ヨーロッパ系のホテル)での昼食。カンボジア野菜・魚・肉を使ったコース。ゆったりとした時間が流れ、料理が出てくるのがゆっくり・・・。シーチキンと地物野菜の前菜。果物はどれもおいしかったですね。一人、中央の三日月型の飴細工が付いていなく、言うと3個も持ってきてくれました。ル・メデ...

Read More

桜開花情報1

25日の朝は3度を少し下回る寒さ。日中は、風がなければ作業をするには快適。今は、みかんの苗木を植えて改植作業中。地区の桜が1~2部咲きになってきました。H17年に荒れていたみかん園に桜を植えようと始まった活動。場所は、県道57号宇和島から三間方面に。宇和島自動車「梅林口」停留所から東に予土線の下を通って山道を約3km。泉が森の懐になります。桜園全体。背後に泉が森。面積は約2ha.。河津桜が約100本。ソメイヨ...

Read More

桜開花

ここ数日は本格的な春を思わせる天候。宇和島では20日に桜が開花。私の桜標準木も昨日21日開花。家の「ボケの花」はやっとこの暖かさで開花。例年イノシシに先に食べられていたタケノコ。竹林に行くまでの畑の中は荒らされていたのであきらめていたのですが、竹林までは上がっていなかったので、一足早くいただきました。(ごちそうさまでした(*^_^*) )...

Read More

カンボジア シュルムアップ最終日

この一週間は多忙で。カンボジア旅行記(2/19~22)のシュルムアップ最終日の写真を。アンコールワットを出て、車で近くの「プレ・ループ」遺跡へ。「プレ・ループ」遺跡。この階段ではなく、横の少し楽な階段から最上階へ。「プレ・ループ」とは、”体を裏返しにする”という意味。「火葬場だった?」最上階からの見晴らしが良い為、平原(ジャングル)に落ちる夕陽鑑賞場所。最上階はすでに人が多いので違う場所を探していたら、一...

Read More

うば桜

14日は松山で会議でした。毎年、大学の先輩のお墓参りをしている。会議と懇親会の間に少しの時間ですが、今年もお墓参りができました。このお寺は「うば桜」で有名な「大宝寺」。開花まじか!「うば桜」(エドヒガン)の由来。碑盤の説明文。 昔、ある長者が子供に恵まれず、西山のふもと大宝寺のお薬師様に願掛けをした。願いがかなって、女の子が生まれ、露となずけた。大事に育ててきた乳母のお乳が急にでなくなったが、お薬...

Read More

春到来か

気温は低かったですが、やっと春の足音が。もう少しで春。枝の先の「アジサイの芽」上から見ると「春キャベツ?」土の上では「スポットライトを浴びた土筆」暖かい春の日差しを受けた土筆...

Read More

カンボジア アンコールワット

いよいよ、カンボジア旅行記も終りにさしかかりました。2月21日。朝陽を見に来たが、今回は詳細に見て、一番高い第3回廊まで。「アンコールワット」外濠から入り口には両側にナーガがあり、環濠西参道より中に入る。中央西塔門を過ぎると、左手に「経蔵」がある。「経蔵」の横にこのアンコールワットが日本の援助によって発掘・修理がなされている標示。「アンコールワット 聖池」 乾季なので水が少ない。左側から第一回廊に...

Read More

カンボジア タ・プローム

カンボジア 3日目(2月21日)アンコールトムの横に「タ・プローム」があります。それほど大きくない寺院ですが、有名。アンジョリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」の撮影場所。昼食に行く途中で、このホテルに今新婚旅行に来ていますとの説明もありました。何といっても、木々(ガジュマル=スポアン)に取りつかれた寺院。外観は普通の遺跡「タ・プローム」。一歩中に入ると、いたるところがれきの山。三重の...

Read More

2月入り 厄除け

9日。朝から雨が降っています。今日は旧暦の2月入り。昔から旧暦の2月入りには、厄除けの「餅まき」行事が残っている。30戸程の集落だが、毎年厄年の人がいる。まだ梅の花が残る中、6日の日曜日に集会所で行われた。<三島神社のHPより>*宇和島では「2月入り」といって厄除けを2月朔日に行う習慣がありました。これは1月をお正月のお祝い月として個人的な御祈祷を遠慮するという考え方によるものです。神道ではお正月に...

Read More